まめ知識ブログ

2008.05.17更新

       
  マウスガード = スポーツガード
スポーツ外傷の予防対策として
  マウスガードの装着が有効的
歯と周囲の組織を保護する口腔内装置

スポーツの際、相手とぶつかったり、ボールや物にぶつかって口腔内外にケガをするケースは少なくありません。ラグビー、アメリカンフットボールなどの相手選手と接触するスポーツや、ボクシングなどの格闘技においては、特にその発生率は高くなっています。スポーツ外傷の発生を防止するために、マウスガードの装着が重要です。マウスガードを装着することで、歯の破折や顎骨の骨折を
完全に防止できるというわけではありません。しかし、たとえ外傷が発生しても、装着していない場合と比較して、軽微なものですむ可能性は高くなります。マウスガードは弾力のある材質で、衝撃力を吸収、緩衝し、歯や顎骨に伝達される外力を減弱させる効果があります。

 日頃からスポーツを楽しんでいる
  方
・・・お気軽にご相談下さい。
    

投稿者: 松島歯科

2008.05.13更新

    

“ いびきは身体の発する危険信号!

 イビキって何?  
   何故かくの?  
    
  

いびきは睡眠時、舌の沈下により気道が圧迫され狭くなり呼吸がしづらくなることにより、発生します。呼吸気流と気道壁との摩擦音、あるいは気道壁の振動音が“いびき”となるわけです。いびきは、歯ぎしりと同様にほとんどの場合は人からの騒音の苦情によって自覚することが多いでしょう。「いびきをかいてよく寝ている」などとも言われ、一見熟睡しているように思えますが、実際には気道が塞がり空気の通りが悪くなりいびきをかいているので、呼吸が抑制されて眠りが浅く熟睡できず、ほとんどが睡眠不足に陥っています。昼間に眠気におそわれたり、注意力が散漫になったり、集中力や記憶力が低下しイライラしやすくなったりすることがあります。さらに『呼吸が止まっている』状態が起こると、睡眠時無呼吸症候群も考えられます。無呼吸状態は体内の酸素不足を招き、身体に様々な影響を与えると考えられています。いびきの防止対策としては、横向きに眠ることにより、舌の落ち込みによる気道の圧迫をある程度は防止できます。また、枕を低くして寝ると気道が真っ直ぐになり空気の通りが少しよくなります

 ★ イビキを防止する口腔内装置が 
   必要な場合もあります。
 


※ ひどいイビキや無呼吸などの症状
   を感じている方はご相談下さい。
 

投稿者: 松島歯科

2008.05.04更新

  

ナイトガードで歯を守る!
  歯軋り・くいしばり

    咬合力 
歯が削れる, 顎関節症,
                  歯がぐらつく(歯周病)

朝起きた時に、あごの関節が痛い、こめかみあたりが痛い、肩こりなどの症状を感じている方は、睡眠中に歯ぎしりやくいしばったりしている可能性があります。歯ぎしりは無意識にしていることがほとんどで、とても強い力が歯や周囲の組織に加わります。
ナイトガードは、睡眠時に装着することで歯と歯が直接触れ合わさずに、歯の磨耗や損傷を予防し、歯を保護するための装置です。薄いマウスピースのようなもので、歯や顎にかかる負担を受け止めるのが目的ですので,ガードを装着するのとしないのとでは、その違いは、使用しているガードを見れば一目瞭然です。毎日装着しているとナイトガードはギザギザになってきて穴があいたりします。それだけ装置が力を受け止めて歯をガードしていることが、見てよく理解できます。運動や力仕事などで強く噛みしめることが多かったり、何かに集中してくいしっばっている感じがする方は、透明で目立たないので昼間でも装着すると良いでしょう。


 

      自己暗示・・・
   くいしばらない、歯ぎしりしないで        
   リラックスして寝る、と自分自身に言い聞かせて        
   寝てみて下さい。        

  
     ※ 顎の痛み、口を開けづらいなど・・・
     気になっている方はご相談下さい。

投稿者: 松島歯科

2008.04.13更新

 

  
WSD(Wedge Shaped Defect)
 
咬合力
WSD知覚過敏

歯軋りくいしばりなどにより歯頚部に引張り応力が集中し、過度な力が加わります。それにより歯頚部のエナメル質や象牙質が削れ減るという現象が起こります。噛み合わせ、咬合の力が歯質を壊していると考えられています。もちろん間違った歯ブラシの方法が原因で歯が削れてしまう場合もあります。歯頚部が削れてしまうと、象牙質と呼ばれる歯の組織が露出するため、痛みや冷たいものがしみるといったような症状(知覚過敏症)が現れます。歯ブラシを当てるとピリッと痛みを感じるため、十分な歯ブラシができず虫歯になりやすくなったり、この削れた部分に歯垢がたまって歯肉炎や歯周病になりやすくなったりします。さらに削れてしまうことを防ぐため充填などの処置が必要です。咬合力は硬い天然歯を壊してしまうくらいなので、充填したものも壊される可能性は十分ありますが、予防のため、また歯を守るためにも日頃からリラックスを心がけたいですね。

投稿者: 松島歯科

2008.03.23更新

『ギリッギリッ』 『ギュッギュッ』
歯にかなりの圧力がかかっています!

歯軋りは、自覚症状がない場合が多く、人からの騒音の苦情により気づかされることも少なくありません。睡眠中の無意識の状態で無理な圧力がかかることで、歯や顎を傷めてしまいます。歯軋りによって歯にかかる圧力は、普段ものを噛んでいる時の数十倍にもなると言われていて、歯が削れ減り、冷たいものがしみる知覚過敏になったり、さらに歯が割れたり折れたりする場合もあります。
また、何か重いものを持ち上げたり、スポーツで瞬間的に力を出す時など、「グッ」と歯に圧力をかけくいしばるのが通常です。そのくいしばる行為は絶えず圧力をかけることになり歯・顎に負担をかけます。歯軋りと同様に歯や周囲組織を傷めるため、歯が割れたり折れたり、知覚過敏、歯周病の悪化や顎関節にまでトラブルが生じる場合があります。意外と気づかない日中で、仕事をしている時など何かに集中している時、くいしばっている場合があります。これは有意識の状態でのことですので、自分で意識さえしていれば止めることが可能です。何かに集中したあと顎が疲れたようなだるい感じがしたら、意識的にリラックスさせましょう。
       
原因は
ストレス 精神的なもの かみ合わせ etc・・・

投稿者: 松島歯科

2008.03.06更新

  

フッ素で歯を強化

フッ素は、わかめ、お茶、小魚などにも含まれている歯を丈夫にする栄養素です。カルシウムが溶け出して(脱灰)虫歯になりかかった部分の再石灰化を促進させる働きがあります。虫歯菌の活性が抑えられ酸を作ることを抑制し、歯を強く丈夫にします。
フッ素塗布をして歯を強化し、さらにフッ素入りの歯磨剤を使って効果的に虫歯を予防しましょう。

         

投稿者: 松島歯科

2008.02.17更新

磨き残しプラーク歯石
  ホームケアプロケア

 歯磨きなどで取り除けなかった磨き残しと口腔内の細菌とがまじり合い、白色のネバネバした粘着物質として歯に付着し、プラークになります。プラークは適切なブラッシングで除去できますが、放置されると、唾液中のカルシウムなどと結合して除々に石灰化し硬くなり、文字通り『歯石』に変化します。石灰化すると表面はざらつくため、さらにその周りにプラークが付着しやすくなります、それがまた石灰化しどんどん硬くなり増えていきます。歯石になるとご自身でのブラッシングでは除去できません。 予防として、ご自身での毎回のブラッシングが重要ということになります。磨き残しがないよう、また、プラークの状態でしっかり除去できるように徹底したプラークコントロールが大切です。それでも歯石がついてしまっている場合が多いため、定期的にチェックを受け、専門家によるスケーリング・PMTC(歯石除去・徹底したクリーニング)が必要です。
ホームケア&プロケアで歯を守りましょう!

 

 
 
  

投稿者: 松島歯科

2007.12.21更新

白樺や樫などの樹木から取れる天然素材の甘味料です。
 キシリトールは酸を作りません。
 虫歯の菌(ミュータンス菌)を減らす
   働きがあります。


ミュータンス菌は、糖を分解して酸を生成します。この酸が歯を溶かし虫歯の原因になります。ミュータンス菌はキシリトールを分解できません。菌体内にキシリトールを取り込むことで、エネルギーを消耗し活性が弱まります。キシリトールを長期間使用することで、ミュータンス菌は繁殖が弱くなり、減少します。糖からも酸を生成できなくなり、虫歯ができにくい環境になっていきます。

投稿者: 松島歯科

2007.12.21更新

                 


口臭予防・老化防止作用・唾液の量が多いと虫歯になりにくい!


唾液は絶えず口の中を洗い流し、口腔内を清潔に保つ力(自浄作用)があり、殺菌作用で虫歯の原因菌を弱らせる働きがあります。さらに若返りのホルモンの分泌を促し老化防止や、歯や粘膜を保護します。体にいい唾液をたくさん出すには、歯応えのある食べ物をよく噛むことです。よく噛み、味わうことで唾液の分泌を促します。

睡眠中は唾液があまり分泌されず虫歯になりやすいため、寝る前はていねいに歯磨きをして下さい。

投稿者: 松島歯科

前へ
  • まめ知識ブログ
  • まめ知識ブログ
  • 新橋インプラントオフィス松島歯科
  • 新橋インプラントオフィス松島歯科
  • 歯磨きMOVE.com 歯磨きで歯を守ろう
  • 歯磨きMOVE.com 歯磨きで歯を守ろう