港区新橋の歯科、審美歯科は松島歯科

松島歯科ではインプラント・審美歯科もやっております。お気軽にお越しください。

トップ>まめ知識Blog

まめ知識Blog

2013.10.30  咀嚼とダイエット

 
よく噛むことでダイエット効果! 

よく噛んでゆっくり食べて健康的にダイエット!
食べ過ぎを防ぐ
しっかりと噛むことによって『満腹中枢』が早く刺激されます。噛む回数を増やすことによって、唾液の分泌が増加します。唾液の消化酵素(アミラーゼ)が食べ物を『糖』に分解し血糖値を上昇させ、より早く満腹感を得られるようになります。

代謝が促進される
咀嚼という運動によってカロリーを消費しています。食事による消費エネルギーは1日の消費エネルギーの約10%を占めていると言われています。

脂肪が燃焼される
よく噛むと、交感神経系に作用してノルアドレナリンの分泌を亢進し脂肪細胞に作用して脂肪分解と脂肪燃焼が促進されます。


リバウンドを防げる
リバウンドをしないダイエットをするためには、食事を減らすのではなく栄養バランスを考え、必要な食事をよく噛んで食べることが大切です。
   

投稿者 松島歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2013.01.14  光機能化

           紫外線領域の光処理
水が流れない状態
  水が直ちに流れる     
      疎水性       超親水性

  最近の研究で、世界で用いられているインプラントは製造日から未開封の状態でも、製造後1週間を経過した以降から経時的に骨となじむ力、骨と接着する能力、さらには骨を造るのに必要な細胞を引き寄せる能力が低下していくことがわかっています。これをチタンの生物学的老化、チタンのエイジングと言います。
 インプラントの光機能化とは、その老化したインプラントを新鮮な状態に戻す、新品を超えた最高の状態にする技術です。
インプラントに適正な条件の光を当てて処理することにより、インプラントが骨と接着する能力や周囲に骨を造る能力骨結合(オッセオインテグレーション)能力を飛躍的に高めることが可能です。

投稿者 松島歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2012.05.04  高齢化

             
 何でもよくかめて食べられる!
という人は意外と少ない現状・・・
 
      
             生命表(厚生労働省)

★ 平均寿命は男性女性ともに伸びています。
 
  
  
★ 歯髄炎の減少とは逆に歯周病は著しく増加しています。
 
  
 70歳以上の半数の人は十分にはかめていません。  
70歳以上の高齢者で「何でもかんで食べることができる」人は半分しかいないのです。50歳代でも4人に1人は「かみにくい、食べにくい」ということです。
高齢化社会・・・70歳からの人生
若い人が、自分の70歳からの人生をイメージできれば、歯の定期検診を受けるのでしょうが、なかなかイメージしずらいのが現実です。

投稿者 松島歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2012.01.09  金属アレルギー

     
  原因不明の皮膚疾患 
 金属アレルギーかも??
歯の詰め物も原因になっている可能性も??
 

 通常、金属そのものは身体に対して無害なものです。一般的な金属アレルギーは金属が皮膚に接触して発症します。ネックレスや指輪などアクセサリーが原因になっている場合は、接触している箇所にアレルギー症状が出ます。銀歯のような口腔内の金属が原因になっている場合、だ液によって金属がイオン化し、吸収され、血流に乗って全身に回るため、アレルギー反応がどこで起こるかわかりません。
 金属アレルギーの症状としては、口腔内疾患は、口内炎、口角炎、舌炎、口腔 扁平苔癬(たいせん)などです。全身疾患としては、全身性接触皮膚炎、掌蹠 膿疱症(しょうせきのうほうしょう)、 扁平苔癬、偽 アトピー性皮膚炎、顔面湿疹などです。こういった症状が出た場合、皮膚科などで 対症療法を行いますが、その療法で治癒しなかったり、一時的に治癒しても再発を繰り返したりして他の原因が確定できない場合には、歯科金属アレルギーの
可能性があります。
 歯科金属アレルギーとは、歯科で治療した金属が原因となって生じる接触アレルギーです。歯科の領域で金属を使用することが多いことはよく知られています。日本は保険診療の範囲の制約などから、保険診療で治療を受けてきた方のほとんどが、口腔内に金属の修復物を装着してあると思います。
 金属アレルギーと診断された場合は、装飾品だけではなく、歯の詰め物も見直すことが必要です。しかし、金属アレルギーの症状があるからといって、すぐに歯の詰め物による金属アレルギーに結びつけるのではなく、まず金属のどの元素がアレルギーの原因になっているのか?アレルゲンをつきとめることが大切です。
原因となる金属が口腔内にある場合には、歯科医師と相談して口腔内に装着してある金属を除去し、ジルコニアオールセラミック(保険適用外)など他の材料への変更を検討することが望ましいでしょう。

    

 ★ インプラント(人工歯根)の材料に使われるチタンはアレルギーを起こしにくいと言われています。

投稿者 松島歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2011.07.11  ドライマウス

     
ドライマウス = 口腔乾燥症 
原因は・・・食生活!ストレス!環境!etc...
 眼に現れる乾燥症の「ドライアイ」と同様に、注目され始めています。
ドライマウスは症状が分かりにくい事もあって、自覚せず、自分がドライマウスとは気づかないで生活をしている方も多いと言われています。  
 ドライマウスは、何らかの原因で唾液の分泌量が低下し、口の中が乾く症状のことです。
 唾液が出ない、口の中が乾く、口角炎ができる、口が乾いて会話が長く続けられない、食べ物がうまく飲み込めない、舌や唇がひび割れて痛い、口の中がねばねばする、味がよくわからない、虫歯が増える、口臭が強くなる、などの症状があげられます。
ドライマウス人口が増加している背景には、現代人に多いストレス、不規則な食生活、薬の副作用、加齢によるものなど、原因は様々だと言われています。
ストレスを感じたり、緊張をすると交感神経が刺激され、唾液の分泌が抑制されます。また、食生活では、唾液を十分に出さなくても飲み込めるような食事が主流になっているため、唾液の分泌が従来よりも少なくなっています。
 予防と対策として、噛みごたえのある食べ物をよく噛むことが重要になります。
食生活や生活習慣の改善を心がけましょう!
 
唾液腺を刺激して唾液を増やしましょう!
食事の時はよく噛んで食べるようにしましょう。
できるだけストレスをためないように、気分転換をしたり、リラックスすることも、唾液の分泌を促します。
      

投稿者 松島歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2011.01.26  酸蝕歯

    
知っていますか?酸蝕歯 
健康そうに見える歯も、もしかしたら
酸蝕歯かもしれません
毎日摂取している食べ物や飲み物には酸が含まれています。その酸により歯の表面のエナメル質が溶けて薄くなった歯を、“酸蝕歯”と言います。 老若男女を問わず、成人の6人に1人が「酸蝕歯」があるとの報告もあります。
実は、どんな人でも日常的に酸の影響を受けています。しかし、唾液の力によってエナメル質が補修(再石灰化)されてバランスが保たれています。そのバランスが崩れて酸の影響を過剰に受けるようになった時、酸蝕が起こります。酸によりやわらかくなったエナメル質が溶かされ、時間の経過とともに歯が薄くなっていきます。しみるなどの知覚過敏のような症状もでてきます。 
 象牙質が透けて歯が黄色っぽく見えたり、歯が欠けたり、ひび割れたりしてしまいます。歯の酸蝕が進むと、歯の表面性状、形、見た目を変えてしまいます。 
酸を多く含む食品には身体に良いとされている物が沢山あります。代表的なものと言えば、酢があげられます。色々な料理に使うほか、朝晩飲んでいる人も多いでしょう。また、スポーツ飲料、ビタミンが豊富なフルーツ、ポリフェノールのアンチエイジング効果で知られるワインも、酸を含みます。
酸蝕が心配だからと言って、酢をはじめ、酸を含む食品を一切摂らないようにする、というのはナンセンス、身体の健康のために良くありません。酸蝕は、食事をしている限り必ず起こることなので、酸蝕という現象を知った上で、酸から歯を守る習慣を日頃から心がけることが大切です。
例えば、酢の物など酸性の料理を食べた後はお水やお茶を飲むようにしたり、酸性の飲み物は、できるだけ早く飲んだり、ストローで歯に触れないように飲むようにするなど、口中の滞留時間を短くすることで、歯が酸の影響を受けにくくなります。また、硬いハブラシは避けてやわらかめの歯ブラシで、ゆっくりやさしく磨くようにしましょう。歯のエナメル質強化をサポートしてくれるような歯磨き剤を使用するのも良いでしょう。
飲み方や食べ方に気をつけて、歯科医院で歯の状態を定期的にチェックすることを心がけましょう。
身体に良い食事”と”歯の健康”、両方を楽しみたいですね。
 
 
※ 虫歯は細菌の出す酸によって歯が溶かされるものですが、虫歯は原因が「酸」というよりも「細菌」なので、酸蝕とは区別されています。
  

 

投稿者 松島歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2010.09.24  ランチ磨き

    
  ★ 病気を予防する効果 
朝晩は歯磨きをしていても、時間がとれない、外出先で磨く場所がない、などの理由で、見落とされがちなランチ後の歯磨き。
お昼はできなくても仕方がない、と思っている方も少なくないでしょう。
しかし、朝晩の2回だと時間的に長く間隔があき過ぎるため、ここで磨くかどうかが運命の分かれ道とも言えるでしょう。
きれいな歯を保てるだけでなく、仕事の合間のランチ磨きには、脳の疲労回復、注意力や集中力アップなどの効果もあるという、興味深い報告もあります。 
                     
 また、 杉並区内の小学校モデル校2校では、専用洗面台を設置し、子供たちに給食後の歯磨きを指導し、実施したところ、この2校では新型インフルエンザの罹患率、学級閉鎖率が区内の平均を大きく下回り、約半分でした。
給食後に歯磨きをして口の中を清潔にすると、ウィルスの侵入を防ぐ効果が上がり、病気予防にもつながるということが実証されたのです。
いかにランチ磨きが健康に影響を与えるかという例だと思います。子供の頃から昼食後の歯磨きを身につけて、自然と生活習慣のひとつになると良いですね。
 
 
いつまでも健康で楽しく、元気に生活するために歯の健康は欠かせません。そのためには1日3回、ぜひ!ランチ磨きも加えていただくことをお勧めします。そして定期的に歯科医院でチェックを受ける事も大切だと思います。  

投稿者 松島歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2010.03.11  レントゲン

    
なぜ?歯科医院でX線写真を撮るの?
   歯の治療にエックス線は必要?
虫歯(カリエス)になると、歯の表面が黒くなったり、歯が溶かされて穴があいたりします。虫歯がどこまで広がっているのか、肉眼では見えません。虫歯の進行範囲、歯周病の進行度合いや、肉眼で見ることのできない歯の根、骨の状態など、できるだけ多くの情報を得るためにエックス線撮影をおこないます。
 
 ◆ 歯の表面が黒っぽく透けて見えているだけで、どのくらいの範囲の虫歯かは肉眼ではわかりません。エックス線で確認すると歯と歯の間から虫歯になっていることがわかります。
    
 
 ◆ 歯肉が腫れていますが、肉眼だけでは原因を確定できません。エックス線で見ると歯の根の先に膿があるのが確認でき、膿が原因で歯肉が腫れていることがわかります。
 
 ◆ 金属を被せてある歯は、歯肉の腫れもなく、それほど悪い状態には見えませんが、エックス線で見ると歯周病が進み、歯の周囲の骨が減退しているのが確認できます。
  
 エックス線というと、放射線を気にされる方も多いでしょう。歯科のエックス線の場合は、人が日常生活をおくる上で1年間に自然に浴びる放射線量「自然放射線」の1/100以下という、非常に微弱なものと言われています。さらに、デジタルレントゲンは、従来のものと比較して照射量が最大1/10程度と低くなっています。また、歯科で扱うエックス線は、照射部位(面積)が狭く、照射野(場所)も臓器などから離れていて、さらに撮影の際は、放射線を通しにくい鉛の入った防護エプロンを装着するため、身体への影響はほとんどないと言えるでしょう。

エックス線は、思っていたよりも安全なものです。                   
エックス線画像の情報を得ることで、より適切な診断をおこない、より安全に治療をすすめていくことができます。必要不可欠と言っても過言ではないでしょう。                           
 
  
  

投稿者 松島歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.12.16  親知らず

         
 親知らず=智歯・第三大臼歯 
親知らずは英語ではwisdom tooth(智歯)と言い、物事の分別がつく年頃になってから、生えてくる歯ということに由来しています。一説によると、親が生え始めを知らないことから『親知らず』と名付けられたとか・・・。最近ではもともと存在しない人もいます。現代人は顎が小さい人が多く親知らずが生えるスペースがないため、全く崩出できずに顎骨に埋まったままの状態や、手前の歯に向かって横向きに生えてきて少しだけ顔を出す、という状況が多くみられます。口腔内の状態により様々ですが、正常に生えてきて上下で咬み合って、咬む機能を果たしていれば、一般的には抜歯の必要はないことが多いでしょう。多数歯を欠損している場合には親知らずが活躍することもあります。しかし、完全崩出できない親知らずの場合は、歯ブラシが行き届かず手前の歯の虫歯を誘発したり、歯肉炎や歯周病の要因にもなります。また、生えようとする力により、他歯や顎に痛みを感じ、かみ合わせや歯並びに影響を与えることもあります。腫れや痛みなど周囲の炎症を繰り返し起こしているとしたら、親知らずとその手前の歯との状態を考慮した上で、時期をみて抜歯の可能性もあります。親知らずを残して手前の歯を抜歯した方が良い場合もあるので、ご自身の親知らずはどんな状態か?定期的なチェックを受けましょう 
    手前の大臼歯に比べて高さが低く、歯ブラシが当たりにくい状態です。親知らずだけではなく、手前の大臼歯が虫歯にならないように注意が必要です。

 スペースがないため完全崩出できず、手前の大臼歯にぶつかっています。
溝の部分は十分には磨けないため、手前の大臼歯も虫歯になるケースが多くみられます。
    全く生えてこられず埋まった状態です。
手前の大臼歯の歯根を押しています。
親知らずに押されていると、大臼歯の歯根が痛んでしまい、溶けてなくなる場合があります。
  上下左右、全部あっても4本!
 それぞれの状態には違いがあります。
抜歯した方が良いのか?しなくて良いのか?
 生え方や口腔内の状態により異なります。

投稿者 松島歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.09.23  ガム

           
    Recaldent GUM

    リカルデント
CPP-ACP      

   CPP=乳蛋白分解物ペプチド 
   ACP=非結晶リン酸カルシウム
 

 リカルデント ガムを噛んで虫歯予防!
 キシリトールを糖質中50%含む
虫歯になりにくい口腔内の環境をつくる!

脱灰抑制・再石灰化・耐酸性増強

虫歯は、虫歯菌が糖質から酸をつくり、酸が歯の表面のエナメル質を脱灰(ミネラル分を溶かし出す)させることで進行が始まります。
CPP-ACP(リカルデント)は、牛乳に含まれる成分を製法した天然由来成分で、歯の表面の酸性状態を中和して、脱灰を起きにくくする働きを持っています。さらに、CPP-ACPに含まれるカルシウムとリン酸は、溶け出したミネラル分を歯に戻してエナメル質を回復させる再石灰化を進めてくれます。CPP-ACPによって再石灰化したエナメル質は、酸に耐える抵抗力が高くなります。そして、再石灰化を繰り返すうちに、酸に溶けにくい丈夫な歯を作ることができます。
私たちの口の中では、脱灰と再石灰化が常に繰り返されています。脱灰のスピードに再石灰化が追いつけなくなると虫歯が進行してしまいます。CPP-ACPは、脱灰を抑え、再石灰化を促すことで、初期の虫歯予防に役立つと考えられています。

 ★ 他にもガムを噛む効果は…
眠気防止や、イライラした状態をおさえる、緊張を和らげるなど精神状態の安定化が図れると言われています。
唾液の分泌が盛んになることも大きな利点です。

牛乳アレルギーの方は、リカルデントガムは避けた方が良いでしょう。

投稿者 松島歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.06.24  虫歯の好発部位

  
好発部位
  虫歯になりやすい歯
 
 
 ① 下顎第一大臼歯
 ② 上顎第一大臼歯
 ③ 上下顎第二大臼歯
 ④ 上顎小臼歯
 ⑤ 上顎中切歯
  

その後に、上顎側切歯下顎小臼歯下顎前歯・上顎犬歯という順番です。
下顎の第一大臼歯(親知らずを入れて奥から3本目)が虫歯になる率が1番高く、下顎の前歯部が1番低くなっています。
奥歯は食物を噛んですりつぶすために、四角い形をしていて、溝がたくさんあります。溝は食べ物のかすが停滞しやすく、歯垢(プラーク)を作りやすい環境になります。また、その溝の深さや形は個人差があり様々で、磨いているつもりでも歯ブラシで清掃しきれず、虫歯になってしまいます。
下顎前歯の裏側には唾液を分泌する大きな腺があり、いつも唾液が出ています。さらに、舌の動きにも助けられ、食べ物のかすも残りづらいため、下の前歯には虫歯は少ないということです。

歯面の三大好発部位
   
  ① 歯の溝
  ② 歯と歯の間
  ③ 歯と歯肉の境目

歯の形や溝の深さは歯によって違います。歯自体も1歯1歯で形や大きさも違い、並びかたも色々です。口の中全体を同じように磨いていては、自然と歯ブラシがあたらないところができてしまいます。ご自身の歯の形、歯並びをよく知った上で、歯ブラシがあたりにくいところは意識して、特に時間をかけて丁寧に磨きましょう。 
 
◆ 実際に虫歯になってしまう原因は、単純に虫歯になりやすい部位だからということだけではなく、いくつかの要因があります。歯の質、唾液の量と性質、虫歯の原因菌の量、飲食の回数、などによって変わってきます。口腔内の状態、歯並びにも大きく左右されます。
虫歯になりやすい歯、なりやすい歯面を意識して、ご自身のお口の中の環境にあった歯ブラシや歯間ブラシなどを使用して、徹底した歯磨きを心がけましょう。

◆ 乳歯や生え始めの永久歯は、エナメル質表面の結晶構造が脆く、虫歯になる率が高くなっています。特に6歳臼歯は複雑な形態をしているため、かみ合う面の溝の部分が虫歯になることが多くなります。保護者の方は子供の歯のケアに気を付けてあげると良いでしょう。

投稿者 松島歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2009.02.22  口内炎

     

     痛~い口内炎!
   口腔内を清潔にして、
バランスのとれた食生活を心がけましょう!
口の中の粘膜(唇や舌、歯茎など)に起こる炎症を『口内炎』と言います。口の中に原因があってできる場合と、全身的な病気の症状として口内炎ができる合がありますが、原因がはっきりしないものも少なくありません。
 口内炎には、「アフタ性口内炎」「カタル性口内炎」「ウィルス性口内炎」「アレルギー性口内炎」など種類は様々ですが、中でも、「アフタ性口内炎」が多いとされています。「アフタ」とは、口腔粘膜にできる直径5㎜ほどの潰瘍のことで、白色、または黄色で、その周りは赤くなっています。
 口の中はとても柔らかい粘膜で覆われているため、頬や唇を噛む、食物や硬いものがあたる、乱暴なブラッシングなど、ちょっとした刺激によって傷ついてしまいます。それらの傷口から細菌感染が起こり、口内炎を引き起こします。また、口腔内の金属アレルギーによるものや、ビタミン不足などによる栄養障害や胃腸障害から口内炎ができる場合もあります。
 
日頃から、お口の中を清潔に保ち、歯磨きや食事の際は粘膜を傷つけないように注意すること、さらに、栄養バランスのよい食事を摂るなど、全身の健康にも気を配るようにして、予防を心がけましょう!
 口内炎…できてしまったら、
醤油、香辛料などの刺激物をなるべく控えて、うがいや丁寧な歯磨きで口腔内を清潔にしましょう。洗口液を使ってうがいをすると殺菌効果が高まります。患部を触ってさらに傷つけないように気をつけましょう。患部に軟膏を塗布すると、傷口を保護できるので、痛みも軽減します
痛みが強かったり、早く治したい時は、レーザー治療という方法もあります。

   洗口液でうがいをして口腔内の細菌を減らす!

     

 口内炎は1週間くらいで自然に治るものがほとんどですが、いつまでも治らなかったり、症状が何度も繰り返される場合は、他に原因があったり、違う病気だったりする可能性もありますので、お気軽にご相談下さい。

投稿者 松島歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2008.11.08  スマイルライン


  
  表情筋をきたえて 口角を上げる! 
最も美しく見える笑顔の形は、「スマイルライン」と呼ばれ、笑顔をつくった時に、下唇が耳に向かって両側に上がったアーチ型になり、上の前歯の先端が下唇の中央上に軽くのった状態を言います。口角が上がっているか下がっているかによって、その表情に大きな違いがあり、また、口角の向きにより年齢的な評価ができます。人への印象も、口角が上がっていると『明るい』、下がっていると『暗い』感じを与えます。口角とは左右の口の一番端の部分を言います。年齢を重ねるごとに、筋肉は衰え徐々に下に向かうと言われ、頬の肉も下がり全体に老けた表情になります。しかし、表情の豊かな人ほど筋肉の衰えも遅くなると言われています。顔の筋肉、表情筋の働きを活発にすることが重要で、口角を上げることを意識して、きれいな笑顔をつくる運動が大切です。毎日鏡を見て、明るく若々しいきれいなスマイルラインをつくる練習をしてみましょう。
美しいスマイルラインの条件は口唇だけではなく、健康な歯肉、歯並び、歯の形態、歯の色なども重要な要素となります。歯列不正などが原因で美しいスマイルラインがつくれない場合もあります。
ご自身のスマイルラインをチェックしてみて下さい。

      毎日鏡の前に立って、
  口角を上げて
  
  スマイル!
  美しい笑顔をつくる
  練習をしましょう!

投稿者 松島歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2008.09.03  表情筋

       
 眼輪筋 頬骨筋 頬筋 口輪筋 オトガイ筋
   目や口、鼻などを動かす筋肉
使わないと衰えて老化していきます!
 
私たちの顔には30種類以上の筋肉があり、縦横斜め相互に作用し、複雑な表情を作り出しています。口や目を開けたり閉じたり、また、「喜怒哀楽」様々な表情を作ります。目の回りは「眼輪筋」、口の回りは「口輪筋」というようにそれぞれ名称がありますが、これらを総称して『表情筋』と言います。頬骨にある大頬骨筋と小頬骨筋は連動して働き、笑顔をより美しくする筋肉だと言われています。口元周囲には笑筋や口輪筋などがあり、口角を外側に伸ばしたり、口元全体を動かしています。口元周辺の筋肉が弱くなると、きれいなスマイルラインを作ることができなくなります。通常の生活では表情筋は全体の30%ほどしか使われておらず、さらに無表情にしていたり、加齢により表情筋は衰え、顔のハリなどのバランスを崩しシワやたるみができます。表情筋を鍛えることによって、若々しさを保つことができるのです。 そして表情豊かな魅力的な笑顔になりたいものです!
  
 色々な顔をして、表情筋を鍛えましょう!

投稿者 松島歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2008.08.11  舌

       
 舌は健康のバロメーター!
 味塩味は舌の側端,苦味は基底部,
   甘味は先端で感じる

舌は味覚や触覚などを持つ口の中の感覚器。舌はほとんどが筋肉でできていて、その表面は粘膜で被われています。正常な舌は「淡紅色、薄白苔」といって、形は大きすぎず小さすぎず、色は真っ赤ではなく淡い赤色で、舌苔は薄く白い状態です。物を食べた時には甘さ・辛さ・苦さ・酸っぱさなどの味覚を感じる器官で、食べ物を飲み込み時に他の筋肉と一緒に作用し、飲み込む作用を助けます。そして、声を出したり、話をするときには舌の位置・形が重要になります。また、舌はからだの情報の宝庫とも言われ、舌には血液がたくさん集まっているために、体調などがよくわかります。健康な人の舌はピンク色をしています。白っぽい時は貧血ぎみ、また、冷えがある時も、血の巡りが悪くなり白くなります。紫色がかっている時は血行障害を起こしている可能性があります。また、舌が真っ赤な時は、血液中の水分が減少していたり、発熱により血管が拡張している可能性があります。鏡に向かって、ア~ンと口を開き、どんな色、形をしているか自分の舌を見てみましょう。
   

投稿者 松島歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2008.07.06  待合室の花

    
           向日葵 (キク科) 
    八重のひまわり(キク科) 
    なでしこの一種(撫子科)
    ユーカリの葉(フトモモ科)

投稿者 松島歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2008.07.05  歯磨き粉

 

    
薬用歯磨き粉 』薬用成分入り
 化粧品歯磨き粉薬用成分なし
歯磨き粉の成分には基本成分と薬用成分とがあります。基本成分とは研磨剤、湿潤剤、結合剤、発泡剤、香味剤などで、薬用成分とは、虫歯、歯肉炎、歯周炎、知覚過敏、口臭などのお口や歯の疾患を予防するための成分です。「医薬部外品」の表示のある歯磨き粉は、薬用成分を配合したものであることを示しています。歯磨き粉にはそれぞれの目的に合った成分が配合されています。虫歯予防のフッ素や原因菌を減らすキシリトール、知覚過敏を抑制する硝酸カリウム、歯周病の予防としてトラネキサム酸などがあります。歯磨き粉裏面の記載を見てみるのも楽しいかもしれません。配合成分; の働きを知り、ご自分のお口の状態に合ったものを選びましょう。それでも迷った場合は、フッ素配合で香味剤(甘味料)にキシリトールを使用しているものを選ぶと良いでしょう。入れ歯専用の歯磨き粉も広まっています。 
     

投稿者 松島歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2008.06.06  タバコ

            
タバコは歯周病の危険因子!

タバコに含まれる有害物質の代表的なものが、ニコチン、タール、一酸化炭素です。一酸化炭素は 血液中でヘモグロビンと結びつく性質があります。本来ヘモグロビンは酸素を取り込み全身に運ぶ役割ですが、喫煙者のヘモグロビンは一酸化炭素に奪われてしまうため、酸素を嫌う歯周病菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。ニコチンは血管を収縮し血液循環を悪くするため、歯肉に十分な栄養や酸素がいき届かなくなります。そのため細胞の新陳代謝が悪くなり歯周病菌に対する抵抗力が低下し、歯周病の進行スピードを速めてしまいます。また、歯肉が炎症を起こしていても血流が悪いため出血が抑えられるので、気が付かないうちに症状が進行してしまいます。免疫機能の低下によりなかなか症状が改善されず、歯が自然に抜けてしまうような重度の歯周病に進むことも多くあります。さらに血流障害は、喫煙者特有の歯茎のメラニン色素沈着による黒ずみをひきおこします。タールは フィルター に茶色く付着する「ヤニ」のことで、歯面にべったり付着するため、その上にプラーク・歯石が付きやすくなります。またタール独特の臭いを発し口臭の原因にもなります。そして・・・タバコは歯だけではなく身体全身に影響をあたえる、ということは言うまでもありませんね。。。
       
  1本タバコを吸うと、
 ビタミンCの1日の必要量の 
 約半分が使われてしまうとか。。。    
  
  
  

投稿者 松島歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2008.05.23  お口の臭い・・・口臭

   
 生理的口臭・食物による口臭・他覚的口臭
 
一口に口臭と言ってもいくつかの種類があります。朝起きた時、口が臭うと感じる方も多いと思います。これは睡眠中、唾液の分泌量が少なくなり細菌が繁殖しやすくなるからです。また、緊張時に口の中がカラカラに乾燥してしまうなど、精神的不安により唾液量が減り口臭が強くなることもあります。アルコールやニンニクなどにおいの強いものを食べると、独特のにおいを発します。ただし、食物による口臭は一時的で、時間の経過とともに消えるものです。また、お口の中に原因がなくても、内臓疾患や鼻の病気などにより特有の口臭がでることがあります。口臭の原因は様々ですが、口腔内、虫歯や歯周病が原因であることが多いと考えられています。歯周病が進行すると、歯を支える組織が弱くなり、歯と歯茎との間に歯周ポケットと呼ばれる隙間ができます。ポケット内で細菌が増殖し、蛋白質を分解し口臭が発生します。虫歯で穴があいていると、食べた物が穴に残り腐敗して悪臭を発したりします。虫歯・歯周病の予防は、口臭の予防と言っても良いでしょう。
「お口の衛生管理」が特に重要なポイントです。
    

投稿者 松島歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2008.05.17  マウスガード(スポーツガード)

        
     マウスガード = スポーツガード
    スポーツ外傷の予防対策として  
     マウスガードの装着が有効的
  歯と周囲の組織を保護する口腔内装置

スポーツの際、相手とぶつかったり、ボールや物にぶつかって口腔内外にケガをするケースは少なくありません。ラグビー、アメリカンフットボールなどの相手選手と接触するスポーツや、ボクシングなどの格闘技においては、特にその発生率は高くなっています。スポーツ外傷の発生を防止するために、マウスガードの装着が重要です。マウスガードを装着することで、歯の破折や顎骨の骨折を
完全に防止できるというわけではありません。しかし、たとえ外傷が発生しても、装着していない場合と比較して、軽微なものですむ可能性は高くなります。マウスガードは弾力のある材質で、衝撃力を吸収、緩衝し、歯や顎骨に伝達される外力を減弱させる効果があります。

 日頃からスポーツを楽しんでいる方・・・
    お気軽にご相談下さい。
   

投稿者 松島歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2008.05.13  イビキ

   
“ いびきは身体の発する危険信号!
 イビキって何?  
   何故かくの?  
    
  
いびき
は睡眠時、舌の沈下により気道が圧迫され狭くなり呼吸がしづらくなることにより、発生します。呼吸気流と気道壁との摩擦音、あるいは気道壁の振動音が“いびき”となるわけです。いびきは、歯ぎしりと同様にほとんどの場合は人からの騒音の苦情によって自覚することが多いでしょう。「いびきをかいてよく寝ている」などとも言われ、一見熟睡しているように思えますが、実際には気道が塞がり空気の通りが悪くなりいびきをかいているので、呼吸が抑制されて眠りが浅く熟睡できず、ほとんどが睡眠不足に陥っています。昼間に眠気におそわれたり、注意力が散漫になったり、集中力や記憶力が低下しイライラしやすくなったりすることがあります。さらに『呼吸が止まっている』状態が起こると、睡眠時無呼吸症候群も考えられます。無呼吸状態は体内の酸素不足を招き、身体に様々な影響を与えると考えられています。いびきの防止対策としては、横向きに眠ることにより、舌の落ち込みによる気道の圧迫をある程度は防止できます。また、枕を低くして寝ると気道が真っ直ぐになり空気の通りが少しよくなります

 ★ イビキを防止する口腔内装置が必要な 
   場合もあります。
 

※ ひどいイビキや無呼吸などの症状を
   感じている方はご相談下さい。
 

投稿者 松島歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2008.05.04  ナイトガード

    
ナイトガードで歯を守る!
  歯軋り・くいしばり
   
    咬合力 
歯が削れる, 顎関節症,
                      歯がぐらつく(歯周病)

朝起きた時に、あごの関節が痛い、こめかみあたりが痛い、肩こりなどの症状を感じている方は、睡眠中に歯ぎしりやくいしばったりしている可能性があります。歯ぎしりは無意識にしていることがほとんどで、とても強い力が歯や周囲の組織に加わります。
ナイトガードは、睡眠時に装着することで歯と歯が直接触れ合わさずに、歯の磨耗や損傷を予防し、歯を保護するための装置です。薄いマウスピースのようなもので、歯や顎にかかる負担を受け止めるのが目的ですので,ガードを装着するのとしないのとでは、その違いは、使用しているガードを見れば一目瞭然です。毎日装着しているとナイトガードはギザギザになってきて穴があいたりします。それだけ装置が力を受け止めて歯をガードしていることが、見てよく理解できます。運動や力仕事などで強く噛みしめることが多かったり、何かに集中してくいしっばっている感じがする方は、透明で目立たないので昼間でも装着すると良いでしょう。


      自己暗示・・・
   くいしばらない、歯ぎしりしないで              
   リラックスして寝る、と自分自身に言い聞かせて        
   寝てみて下さい。                 
  
     ※ 顎の痛み、口を開けづらいなど・・・
     気になっている方はご相談下さい。

投稿者 松島歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2008.04.13  楔状欠損 (くさびじょうけっそん)

 

    
WSD(Wedge Shaped Defect)
 
咬合力
WSD知覚過敏 
  
歯軋り
くいしばりなどにより歯頚部に引張り応力が集中し、過度な力が加わります。それにより歯頚部のエナメル質や象牙質が削れ減るという現象が起こります。噛み合わせ、咬合の力が歯質を壊していると考えられています。もちろん間違った歯ブラシの方法が原因で歯が削れてしまう場合もあります。歯頚部が削れてしまうと、象牙質と呼ばれる歯の組織が露出するため、痛みや冷たいものがしみるといったような症状(知覚過敏症)が現れます。歯ブラシを当てるとピリッと痛みを感じるため、十分な歯ブラシができず虫歯になりやすくなったり、この削れた部分に歯垢がたまって歯肉炎や歯周病になりやすくなったりします。さらに削れてしまうことを防ぐため充填などの処置が必要です。咬合力は硬い天然歯を壊してしまうくらいなので、充填したものも壊される可能性は十分ありますが、予防のため、また歯を守るためにも日頃からリラックスを心がけたいですね。

   

投稿者 松島歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2008.03.23  歯軋り・くいしばり

     
『ギリッギリッ』 『ギュッギュッ』
歯にかなりの圧力がかかっています!

 歯軋りは、自覚症状がない場合が多く、人からの騒音の苦情により気づかされることも少なくありません。睡眠中の無意識の状態で無理な圧力がかかることで、歯や顎を傷めてしまいます。歯軋りによって歯にかかる圧力は、普段ものを噛んでいる時の数十倍にもなると言われていて、歯が削れ減り、冷たいものがしみる知覚過敏になったり、さらに歯が割れたり折れたりする場合もあります。
また、何か重いものを持ち上げたり、スポーツで瞬間的に力を出す時など、「グッ」と歯に圧力をかけくいしばるのが通常です。そのくいしばる行為は絶えず圧力をかけることになり歯・顎に負担をかけます。歯軋りと同様に歯や周囲組織を傷めるため、歯が割れたり折れたり、知覚過敏、歯周病の悪化や顎関節にまでトラブルが生じる場合があります。意外と気づかない日中で、仕事をしている時など何かに集中している時、くいしばっている場合があります。これは有意識の状態でのことですので、自分で意識さえしていれば止めることが可能です。何かに集中したあと顎が疲れたようなだるい感じがしたら、意識的にリラックスさせましょう。
          
 原因は
    ストレス 精神的なもの かみ合わせ etc・・・

投稿者 松島歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2008.03.06  フッ素

    
フッ素で歯を強化   

フッ素は、わかめ、お茶、小魚などにも含まれている歯を丈夫にする栄養素です。カルシウムが溶け出して(脱灰)虫歯になりかかった部分の再石灰化を促進させる働きがあります。虫歯菌の活性が抑えられ酸を作ることを抑制し、歯を強く丈夫にします。
フッ素塗布をして歯を強化し、さらにフッ素入りの歯磨剤を使って効果的に虫歯を予防しましょう。

         

投稿者 松島歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2008.02.17  プラーク & 歯石

     
磨き残しプラーク歯石
  ホームケアプロケア

 歯磨きなどで取り除けなかった磨き残しと口腔内の細菌とがまじり合い、白色のネバネバした粘着物質として歯に付着し、プラークになります。プラークは適切なブラッシングで除去できますが、放置されると、唾液中のカルシウムなどと結合して除々に石灰化し硬くなり、文字通り『歯石』に変化します。石灰化すると表面はざらつくため、さらにその周りにプラークが付着しやすくなります、それがまた石灰化しどんどん硬くなり増えていきます。歯石になるとご自身でのブラッシングでは除去できません。 予防として、ご自身での毎回のブラッシングが重要ということになります。磨き残しがないよう、また、プラークの状態でしっかり除去できるように徹底したプラークコントロールが大切です。それでも歯石がついてしまっている場合が多いため、定期的にチェックを受け、専門家によるスケーリング・PMTC(歯石除去・徹底したクリーニング)が必要です。
ホームケア&プロケアで歯を守りましょう!
 
 
 
  

投稿者 松島歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2007.12.21  キシリトール

     
白樺や樫などの樹木から取れる天然素材の甘味料です。
 キシリトールは酸を作りません。
 虫歯の菌(ミュータンス菌)を減らす働きが
   あります。


ミュータンス菌は、糖を分解して酸を生成します。この酸が歯を溶かし虫歯の原因になります。ミュータンス菌はキシリトールを分解できません。菌体内にキシリトールを取り込むことで、エネルギーを消耗し活性が弱まります。キシリトールを長期間使用することで、ミュータンス菌は繁殖が弱くなり、減少します。糖からも酸を生成できなくなり、虫歯ができにくい環境になっていきます。

投稿者 松島歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2007.12.21  唾液

                    

口臭予防・老化防止作用・唾液の量が多いと虫歯になりにくい!


唾液は絶えず口の中を洗い流し、口腔内を清潔に保つ力(自浄作用)があり、殺菌作用で虫歯の原因菌を弱らせる働きがあります。さらに若返りのホルモンの分泌を促し老化防止や、歯や粘膜を保護します。体にいい唾液をたくさん出すには、歯応えのある食べ物をよく噛むことです。よく噛み、味わうことで唾液の分泌を促します。

睡眠中は唾液があまり分泌されず虫歯になりやすいため、寝る前はていねいに歯磨きをして下さい。

投稿者 松島歯科 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)